看護師の退職理由

看護師の仕事は意外と大変です。どの職種も大変だと思いますが、看護師はご存じのとおり医師の指示のもとで医療行為を行い、毎日の業務の中でミスは絶対に許されません。

医療ミスは、患者の生死にかかわる事態を招くからです。そのため、看護師は毎日緊張した状態でお仕事するのでストレスが貯まりやすく、また勤務体制が厳しいので自分の時間を持つことが難しい職種でもあります。

看護師にとって精神的に厳しいときもあると思います。医療知識や医療技術を習得した看護師も普通の人です。肉体的に精神的にお仕事の限界を感じたり、または新たなステップを目指すときに退職という選択肢を選ぶ時がくるのでしょう

看護師が退職するときには看護師なりの退職の理由があります。たとえば、本音と建前は別にして、職場の人間関係やいじめ的な行為に悩まされた時、結婚式や出産という人生の節目の時、労働基準法の枠を超え忙しすぎる時、体調が思わしくなく回復に時間がかかる時や旦那や嫁の転勤先が遠方に決まった時などいろいろと退職の理由があると思います。

ナース専科のホームページに面白い退職の理由が本音と建前の両方でトップ10ランキングを載せています。建前での退職理由第3位は、1位結婚や育児など家庭の理由、2位医療知識や医療技術のレベルアップ、そして3位は体調不良のために退職するそうです。

次に、本音での退職理由トップ第3位では、1位人間関係のいじめやパワハラ、2位労働環境で休みもなく厳しい、そして3位が上司や経営者に対しての不満のようです。さすが本音の退職理由です。納得できますよね。

 

緑内障とはどんな病気?

緑内障は眼球に栄養を運ぶ水がたまってしまうため、それが一定以上の量になってしまいますと、眼圧が上がり、視神経が圧迫されてしまう病気です。緑内障は、非常に危険ともいわれ、失明する可能性も持ち合わせています。しかし早期に発見をすれば失明をすることはありません。現代の技術を持って徹底的に治療を行なうことが可能ですので、早めに医師に相談をすることをおすすめします。血管が無い眼球には、血液の代わりに他の液体が栄養素として運ばれます。毛様体で作られ、角膜と、虹彩の間にある前房へ流れ、シュレム管から排出されます。そのため排水が滞ると、眼球の圧力が上がりきってしまうため質量が増えて眼球が膨らんでしまいます。正常眼圧は10から20mmHGですが、これには個人差があります。視神経は多くの繊維のケーブルで情報を脳に伝えています。圧迫ガ続くと潰れて萎縮するためにその部分から情報が届かなくなり、視野が狭くなります。病気の一種でもありますので気になる方は医師に相談しましょう。最悪のケースを免れるには早期のうちに医師に相談し、治療を行なうことです。年々この病気になる方は増えています。視覚障害を起こしますので注意しましょう。

老眼の症状について

老眼は目の老化です。年を重ねるごとに目の視力が低下するのは、生活習慣をおおきな原因になります。老眼の主な症状は、薄暗いところで新聞などの細かい字を読みにくなったり、目が重くなったり、肩こりや頭痛。吐き気など、いわゆる眼精疲労の症状に悩まされます。紳士の人は老眼になるのが遅く、遠視の人は老眼になるスピードが早いとされていますが、その確証はありません。老眼は老化現象で、病気ではありません。メガネ屋に行けば、眼鏡によって老眼をケアすることもできます。中高年になると、糖尿病や、緑内障によっても見えにくさが起こります。眼科では病気の有無を調べる検査なども行っています。老眼を疑い受信したら、病気が見つかった例もありますので、症状が深刻な方は医師への差横断が必要です。老眼になっていく家庭では痛みはありません。予防としては老眼鏡を作る必要があり、老眼鏡があれば、いつでも老眼をカバーすることができます。自分にあった老眼鏡を作ることが大切です。検査を行い、乱視が目に入っているようであれば乱視に対応できる眼鏡を作りましょう。レーシックなども効果があるとされていますが。年が80歳以上の方は措置を行えないこともあります。

乱視の症状について

乱視になってしまいますと、視力が下がってしまうことになります、理由としては見えているものが2重に見えますので、目が見たいものを捉えることができなく、対象になるものが何なのかハッキリ見分けることができなくなります。この目の分析にも時間がかかるために、ものを見極めようとしている時には、その分つかれる方もいます。また二次的に肩こりや、結構が悪くなっててしまう体の異常も起こしかねませんので、十分に注意が必要です。遠いところも近いところもハッキリ見えなくなりますので、注意が必要です。ある程度以上ならば、十分に目を休ませて、治療に専念すれば回復をします。慢性化してしまいますと、常に目が乱視になりますので、眼精疲労になってしまい。治るものも治らなくなってしまいます。またクリニックではこの乱視の回復法を行なっているところもありますし、それについての予防をしてくれるクリニックもあります。乱視になってしまうことは視力低下を意味し眼鏡を選ぶ際にも、乱視用の眼鏡を使用するなど、積極的に乱視に対して、予防や対策をしていきましょう。クリニックで手術をすれば回復することもできますので、医師に相談することをおすすめします。

乱視の症状について

乱視になってしまいますと、視力が下がってしまうことになります、理由としては見えているものが2重に見えますので、目が見たいものを捉えることができなく、対象になるものが何なのかハッキリ見分けることができなくなります。この目の分析にも時間がかかるために、ものを見極めようとしている時には、その分つかれる方もいます。また二次的に肩こりや、結構が悪くなっててしまう体の異常も起こしかねませんので、十分に注意が必要です。遠いところも近いところもハッキリ見えなくなりますので、注意が必要です。ある程度以上ならば、十分に目を休ませて、治療に専念すれば回復をします。慢性化してしまいますと、常に目が乱視になりますので、眼精疲労になってしまい。治るものも治らなくなってしまいます。またクリニックではこの乱視の回復法を行なっているところもありますし、それについての予防をしてくれるクリニックもあります。乱視になってしまうことは視力低下を意味し眼鏡を選ぶ際にも、乱視用の眼鏡を使用するなど、積極的に乱視に対して、予防や対策をしていきましょう。クリニックで手術をすれば回復することもできますので、医師に相談することをおすすめします。

乱視は何が原因でなるの?

乱視の原因は数多くあります。目に入った怒りは角膜と、水晶体を通過します。この際に屈折しますが、レンズのような役割を果たしています。正常に屈折した光は眼球の奥の一点に集合され、目が機能し、脳に信号を送り、写っているものを脳に伝える働きがあります。禁止や乱視には焦点が合っていないことを言いいます。そのため見たものがぼやける、二重になって見える。ぼやけるなどが起こりますので、目がぶれている状態と言えます。この症状になってしまう原因は生活態度なども大きく影響します。テレビを見ている時にテレビとの距離が近すぎる。また夜の遅い時間にテレビを見る。インターネットなどを長時間使用する事を上げることが出来るので、現代社会に置いては乱視になる確率が高いと言えます。角膜のカーブが均一でないものを正乱視と呼びますが、これが角膜の病気、角膜ヘルペスが原因になり、発症することもあります。乱視矯正用の眼鏡なども販売されていますが、予防としてはよく目を休ませる、暗い場所での作業を行わない、長時間、液晶を見過ぎないなど夜間には目の疲れを癒やしましょう。回復度をを上げることができ予防できます、この症状は今では、現代病の一つとして上げることが出来る目の病気です。

遠視の症状について

遠視になってしまいますと遠い場所どころか、近くもみえなくなってしまいます。そのため全体的に視力が下がってしまう傾向もあり、乱視なども同時に起こる問題です。目のレンズ調整を行なうことによって、目は近くと遠くを見極めますが、この作用力が落ち込むと、対応しきれなくなり目の視力が落ちてきます。そのため視力の低下を感じるくらいのスピードで老眼にもなりやすくなりますので、早いうちの予防が必要です。近くからくる光はより強くくっせつさせないとならず、その分の水晶体の柔軟性が欲しいところですが、老化してしまいますとこの水晶体が硬化してしまい、近場も、遠くも見ることができなくなりますので、本人が視力の低下を感じるのはこの硬化が始まった時です。眼鏡の使用をすることも可能で、硬化が始まってしまった時に眼鏡のレベルも本人にあったものを選ぶ必要があります。眼鏡の選択を間違えて使用しないようにしましょう。乱視や他の症状を併発する事になりかねません。異常を感じて視力の低下などを調べたい方は、目に起こる以上の原因を詳しく調べ、病気を予防して治療に役立てることです。検査にも多くの種類がありますので医師に相談してみましょう。

遠視は何が原因でなるの?

遠視の原因は、基本的に生活習慣が原因と言われています。もちろん遺伝なども考えられますが、遠視の直截の現任はテレビの見過ぎや、ゲームのやり過ぎなどが原因で、特に気をつけたいのが夜間のテレビなどを暗いところで鑑賞したりすることは危険です。すぐに時分の目の視力が下がり、ものが見づらくなってしまいます。遠視になってしまいますとなかなか自然に完治しにくくなりますので、日頃からの予防が肝心です。遠視にならないようにテレビとは距離を置いて見る。また夜間は明るいところでパソコンを使用するなどを心がければ遠視を予防することが出来ます。基本的に遠視には遠視専用の眼鏡が存在しますが、コンタクトや目がねの使用をしたくない人はレーシックによるレーザー治療で回復することが出来ます。遠視になってしまう前に予防を心がけることをおすすめしますが、もし遠視になってしまったら、レーシックなどの手続きが一番効率よく、時間をかけずに解決する手です。レーシックの措置には日本国内では通常20万円くらいハかかります。日本国内でレーシックを行うと非常に高く付きますので、南米や、ヨーロッパで措置を行うともう少し安い価格で措置を受けれるようです。

検疫官として転職をする方法

看護師の転職先を考えた時に、あんまり思い描かないかもしれませんが空港で働く検疫官というものがあります。検疫官は海外から戻ってきた人が感染症を持ってきていないかなどを調べる仕事になりますが、看護師資格を持たないと人間を対象の検疫はできないようになっています。それなので、実は看護師をやっていた経験がある、資格があるという人は検疫官になる資格があるということになるのです。しかし検疫官というと、どうしても感染症などの病気と隣り合わせで働くことになりますので、勿論リスクはあります。それは病院でも同じだと思いますが、そういったリスクと共に、空港での勤務ということで転勤もありえます。なので、基本的に転勤はしたくないなという方にはちょっと難しい場所になるのでしょう。それでも今まで培った知識を生かしながら、看護師とは少し違った道を選び使命感を持って働くのには実は最適な場所ではないでしょうか?検疫官の仕事はそこまで多くありませんので、求人もハローワークよりも看護師転職用のサイトなどの方が見つけやすいのも現状です。新しい道を探しているなら、ちょっと検索だけでもしてみるのもお勧めです。

自衛隊看護師の主な仕事内容

看護師にはいろいろと勤める先を選べる場合がとても多い。それは手に職の美容師などと一緒で、自分の仕事に合った場所を選べるというのがメリット。就職するにしても、自分が目指すべき先を決めた方がいいんだろうとおもって『自衛隊看護師』というのを目にして調べてみることした。自分は男性の看護師だし、できれば何か人の役に立ちたいと思っていたがこの自衛隊看護師というのは、基本は自衛隊の方に医療を提供するのだが、災害があったり、緊急時には一緒に従軍して医療行為に携われるという。阪神淡路大震災をテレビで見たときから、あんな災害が来た時に自分は何かできないだろうかと思っていたけれど、こういう道もあるんだと思って、できれば緊急の時に最前線で誰かの手を握って助けたりしたいと思ってる。医者にはなれなかったけど、それができるのは医療人だから、沢山のスキルを身につけてできればこの職に就きたいと思った。無理かもしれないけど、諦めないのも大事だろうって思う。誰かがやるんじゃなくて、自分が手の延ばせる場所に立っていたいな。